イクメン男子による子育てブログ

赤ちゃんの子育てや生活に役立つ情報をお届けします

就活の履歴書の正しい書き方見本!学歴・職歴に注意!

      2016/11/01

http://www.photo-ac.com


就活において履歴書は最も重要だと言ってもいいでしょう。

履歴書が雑過ぎて正しく書けていないと極端な話、不採用だ!といっても過言ではありません。
やはり一ミリたりともミスのないように書きたいところです。

今回の記事では、就職活動での履歴書の書き方「特に学歴や職歴」を解説していきたいと思います。

履歴書の基本的な書き方

履歴書の基本的な作成方法を項目毎にご説明します。

まず、履歴書は基本的に手書きです。

もちろんIT企業などのパソコン関連の会社でしたら、パソコンで作成した履歴書でも問題ない場合があります。

しかし、採用担当者から見て手書きのほうが判断材料になることは確かなため、新卒の場合は特に手書きを基本とします。

やはり履歴書では「丁寧に書かれているか」とか「熱意が少しでも感じられるか」を見ますので、評価の一つになることが多いです。

指定がない限りは必ず「手書き」で書きましょう。

仮にどんなに下手くそな字だったとしても、丁寧に書かれていることがポイントです。

履歴書のテンプレート

履歴書のテンプレートはこちらです。

まず、名前や住所、電話番号等の項目です。

rirekisho

日付について

日付は「書いた日にち」を書いてはいけません。

企業によっては送付したり、面接に持参したり、郵送で送ったりしますので、その日に合わせて日付を書きます。

メールの場合は送信日を書きますし、持参の場合は面接日を書きます。
郵送の場合ももちろん郵送する日を記入します。

履歴書を書く際には、日付は後回しにし、日程の詳細が分かり次第記入するようにしましょう。

名前・住所・電話番号

名前は性と名を1文字分ぐらい空け、ふりがなも同様に1文字分空けます。

住所はそのままハイフン表記で構いませんが、「丁目-番地-号」でも結講です。(マンションの方はマンション名を忘れずに)

電話番号は携帯電話か実家の電話番号を記載します。
基本的にどちらか一方でも構いません。

またですね、履歴書によってはメールアドレスを記載する欄があります。

メールアドレスで絶対にやってはいけないのは、個人アドレスを表記することです。
個人アドレスの場合、趣味等を連想するアルファベットの人が多いです。

例えば「exile_love_ayu_love@xxx.co.jp」みたいな。(笑)

採用担当者からすると「はぁ?」といった感じでしょうかね^^;

メールアドレスは必ず就活用のアドレスを取得してくださいね。

就活用のメールアドレスはシンプルに「名前+生年月日@xxx.co.jp」にしましょう。

例 jirouyamada_0515@xxx.co.jp

学歴・職歴

rirekisho2

 

学歴にはテンプレートのように1行目中央に「学歴」と記入します。

2行目から古い順に自分の学歴を書いていきます。
このとき、1行目には「学歴」と書いていますので、間違っても1行目から「平成x年」と書かないように。

「平成x年〜」と書き始めるのは2行目ですよ。

入学した年や卒業した年が分からない場合、年齢早見表というのがありますので、そちらを見ながら書き進めてくださいね。

年齢早見表はこちら

年号は和暦か西暦のとちらでも構いませんが、必ず統一して書いてください。

Sponsored Link

それと、基本的に小学校と中学校は「卒業」のみで構いません。

最終学歴を書く際に、転職の場合は最終学歴の一つ前から書くことが多いです。
(大学が最終学歴の場合は最終学歴は高校から書き始めます)

学校名は省略したものではなく、必ず正式名称で記入してください。

ダメ⇒「〇〇中学校」  正しい⇒「〇〇市立〇〇中学校」

ダメ⇒「〇〇市立〇〇高校」  正しい⇒「〇〇市立〇〇高等」

ダメ⇒「〇〇大学」  正しい「〇〇大学 〇〇学部 〇〇学科」

大学も必ず学部、学科名まで表記してくださいね。

大学院の場合は「修了見込み」と書きましょうね。

学歴を書き終えたら、最終学歴の下に「職歴」と中央に記入します。
在学中にアルバイトではなく、正社員になっていたことがあれば、職歴を記入しましょう。

最後に右側に「以上」と記入すればオッケーです。

まとめ

基本的な履歴書の書き方は以上になります。

履歴書は、志望動機を除けばある程度テンプレート的な形で書き方が決まっていますので、基本さえ抑えておけば大丈夫でしょう。

その中でも注意すべき点がありましたが、ポイントを抑えてスムーズに書けるようにしましょう。

書類選考の場合は履歴書がすべてを左右するといっても過言ではありませんから、しっかりと取り組みましょう!

 - 就職活動 ,

こんな記事も読まれています