折り紙の簡単な鶴の折り方!子供も手軽に作れるよ♪

折り紙の定番として作られる鶴は、病気のお見舞いの千羽鶴やお祭り等でも作られています。

誰でも一度は折った経験があると思いますね^^

今回ブログで紹介するために久しぶりに鶴を折ってみたのですが、

あ〜こんな工程だったよな〜」と懐かしい思いがこみ上げてきました^^

私自身も小学校の頃に千羽鶴を折った記憶があるので、折り方は覚えていましたね〜。

では、写真で鶴の折り方をまとめてみましたので、参考にしてみてください!

Sponsored Link

折り紙の鶴の折り方

iPhoneで撮影した写真なので少し分かりにくかもしれませんが、ご愛嬌ということでよろしくお願いします^^;

まず、1枚の折り紙を用意します。

縦と横を四角に折って折り目を付けます。
(この工程は後々折りやすくするためです)

三角に折ります。

1度開いて・・

反対側も三角に折って折り目をつけてください。

そして三角の状態からもう1度三角に折って、
画像のように開いてください。

こうなります。

これを裏返して、反対側も同じようにしてください。
そしてら四角くなるはずです。

1枚1枚分かれているほうを下にして、画像のように中心へ谷折りしてください。

ひっくり返して・・

反対側も同じように中心線に向かって折りましょう。

上の三角を折って折り目を付けてください。

一旦このように上下左右開きます。

下のほうから上の向かって開き・・、

折り目が付いているので、折り目に沿って内側に折ってください。

このようになるはずです。

反対側も同じようにしてください。

下の半分を中心に向かって折ってください。

左右同じように中心に向かって折ります。

反対側も同じように、下半分を中心に向かって折ります。

分かれた部分がしっぽと頭になるのですが、両方とも中へ折ります。

しっぽと頭を中折りすると、もう鶴の形になってきましたね。

顔にあたる部分を中折りしてください。


両方の翼を開き、形や中の袋を整えて完成です♪

関連記事>>>カッコイイ紙飛行機の折り方をまとめてみた

最後に

鶴は折り目が少しでもズレてしまうと、最終的に白い部分が見えたり完成型が汚くなってしまいます。

ただ、基本的には工程通りに丁寧に折っていけば奇麗な鶴が折れるはず☆

1度覚えてしまえばどんどん上達しますし、キレイな鶴ができます。

是非参考に作ってみてくださいね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク