折り紙の箱のシンプルな折り方!正方形を使って簡単に作ろう!

子供がいると、変な物を拾ってきたりカードを集めたりしちゃうんですね〜。

それを親が勝手に捨てるわけにもいかないので、どこかに保管しておくことになると思います。
といっても、わざわざ保管するための小さな箱を購入するほどのものでもありませんし保管が難しいですよね^^;

そんな際に重宝するのが折り紙で作る箱!
一時的に捨てられないようなちょっとしたガラクタや部品、子供が集めた物の保管には最適です☆

一時的な保管なので、使い捨ての箱で十分ですからね。

そこで今回は、簡単な折り紙の箱の作り方をご紹介します。

めちゃくちゃシンプルな折り方なので参考にしてみてくださいね。

Sponsored Link

正方形の折り紙で箱を!簡単な折り方!

箱の折り方で最もポピュラーなのは長方形の紙で作る折り方です。

ただ、今回は折り紙に特化した折り方をご説明するので、正方形で作る箱の折り方を説明しますね。

数分で作ることができるので、簡単ですよ〜!

ではどうぞ♪

1枚の長方形の折り紙を用意してください。

四角に折り目をつけてください。

反対側も折り目をつけます。

開くと折り目が入っていると思います。

4つの角から中心に向かって折っていきます。

下のほうを中心にあわせて折ります。

上から同じように中心にあわせて折ります。

折った上下を画像のように開いてください。
左右はそのまま残してください。

そのまま右から中心へ向けて折ります。

左から同じように中心へ向けて折ります。

左右に折った部分をこのように立ててください。

折り目にあわせて画像のように折り込みます。

横から見るとこんな感じです。

このように閉じればオッケーです。

反対も同じように折り込んでいきます。


折り込んで形を整えたら完成です!

中の三角のペラペラが気になる方は、セロハンテープ等で固定すれば大丈夫だと思います。

関連記事>>>超かっこいい紙飛行機を折ってみよう!

まとめ

これでシンプルな箱の完成です!

子供の勉強机に置いて小物入れにするのも良いですし、ゴミクズや消しカス入れにしても十分使えます。

活用の仕方は様々ですが、例えば節分の豆まきの豆入れにしても良いでしょう♪

子供がいれば、紙の箱は意外と重宝しますので作ってみてはいかがでしょうか☆

スポンサーリンク
スポンサーリンク