折り紙のうさぎの簡単な折り方!立体的だけどシンプルです!

折り紙の中でもよく作られているのが「うさぎ」です。

うさぎの折り紙は、お月見飾りなどで作ると良いのですが、室内で遊ぶ際にお子さんと一緒に折って楽しむのもアリです♪

平面の折り紙ですが、うさぎは立体的に立てて飾ることができますし、わりと可愛くできちゃいます!

しかもそんなに難しくありませんので、是非トライしてみてください!

Sponsored Link

折り紙でうさぎを!簡単な折り方を解説!

今回は、折り紙のウサギの作り方をご説明します。

スマホ撮影なので、若干見えにくい部分もありますが、その辺はご理解ください・・。

それではどうぞ!

まず1枚の折り紙を準備してください。
色はピンク系や白が可愛いと思います。
私は赤で^^;

半分に折り目を入れます。

1度開いて同じように半分に折り目を入れます。

折り目を入れたら開きます。

開いた状態から、さらに中心にあわせて折り目を入れてください。

さらにもう一度開いて、中心にあわせて画像のように三角に折り目を入れてください。

こんなにたくさん折り目が付いていますが大丈夫です。

また開いたら、三角に折り目を入れます。

反対側も三角に折り目を入れます。

もう一度開いて、画像のような状態にします。

(左右から中心に向けて折る)

右下から、折り目にそって・・

このように潰します。

左側も同じように折り目にそって潰します。

一番下を後ろのほうへ折り込みます。(下の部分だけひっくり返す)

左右を中心にそって折ります。

下から上へ向かって折り上げます。

一番下を浦へ折り返します。

この部分はうさぎの鼻になります。

画像のように半分に折ります。

横からのアングルがこちら。

とがっているのが耳になるんですが、耳を上へつまんで折ります。

後ろの部分を割って内側に折ります。

(やりづらい場合は写真のように、割る部分に折り目をつけると良い)

内側に折り込んだら写真のようになります。

このように、少し斜めに折り込んだら動きの雰囲気が出ます。

後ろの部分を1度開いて・・

後ろを向けて・・

少し分かりにくいですが、写真のように下中心から矢印の方向へめくります。
(足を作る工程)

足をとがらせるようにして形を整えます。

足が写真のようになればオッケーです。

耳を作ります。
1度左右に開いてください。

耳を開いて形を整えます。


これでうさぎの完成です!

若干分かりにくい工程がありましたが、折り方自体はシンプルで簡単なのでオススメです♪

関連記事>>>簡単に作れるふうせんうさぎを折り紙で折ってみよう!

まとめ

これで立体的なうさぎの完成です!

お月見飾りのために折るのも良いですし、雨の日なんかにお子様と一緒に作ってみるのも良いですね♪

動物の折り紙はたくさんありますが、是非この機会にうさぎの折り紙にチャレンジしてみてくださいね〜!