イクメン男子による子育てブログ

赤ちゃんの子育てや生活に役立つ情報をお届けします

自転車の子供乗せ、後ろは何歳から何歳まで大丈夫?選ぶポイントとは?

      2016/10/31

最近は、自転車に子供を乗せて移動するのは当たり前の光景になりました。

周りはみな使っていますし、スーパーやちょっとしたお買い物に行くのにも大変便利ですからね^^

しかし便利な反面、きちんと使わないと子供を乗せたまま転倒してしまったり危険な事故にも繋がります。

安全に使うためには自分に合った自転車を選び、子供を後ろに乗せるのに注意すべき点などもきちんと把握しておく必要があります。

今回は、自転車の後ろに子供を乗せる際の子供の年齢や注意点などを紹介したいと思います。

Sponsored Link

自転車の子供乗せは何歳から何歳まで大丈夫?

まず最初に自転車の子供乗せの適正年齢について紹介します。

何歳から大丈夫?

子供を後ろに乗せられるタイミングは、だいたい1歳〜2歳だと言われています。
これは子供の体格や自転車によって変わるんですが、推奨されているのは2歳からとなっています。

やはり後ろ乗せの場合は後ろを振り向かないと子供が見えませんので、1歳では少し不安になると思います。後ろで子供が言うことを聞かずにジタバタしたり、暴れたり落ち着きがないうちは前乗せのほうが安心かもしれません。

安全面を考えるのならば、後ろ乗せは2歳からが良いでしょうね。

何歳まで大丈夫?

後ろ乗せできるのは一体何歳までなんでしょうか?

メーカーでは、安全が保障できるものとして22キロ以下の体重制限、身長は115cm以下だとなっています。

実は法律では後ろ乗せできるのは6歳未満と決まっています。

ただ、小学低学年の子供を乗せている方も多く、この辺りは曖昧な感じではありますね。本当はダメなんですが・・。

安全面や法律を考えると6歳未満、そして22キロ以下、115cm以下は必ず守ってくださいね。

子供を後ろに乗せる注意点

子供を自転車に乗せるのに注意すべき点はいくつかあります。

重量について

まず重要なのは、後ろの荷台部分(リアキャリア)が決められた重量に耐えられるかどうかです。

子供の体重子供乗せの重さを足した合計重量が、キャリアの最大積載重量を超えてはいけません。

そのため、リアキャリアの最大積載重量が25キロか27キロのものが付いてないとダメです。

ちなみに最大積載重量はJIS規格で決められており、キャリアに「MAX25kg」や「MAX27kg」などと刻印されています。

たま〜に最大積載重量が18キロのものがあるのですが、この場合幼児用座席を取り付けることが禁止になっています。重量に関してはおそらく購入する際に店員さんから説明があると思います。

 

簡単に言えば、リアキャリアの最大積載重量が25キロか27キロのものはオッケーだということです。

安全性を確保

安全性を確保するために、下記のものが必須となります。

  • 足乗せスタンド
  • シートベルト
  • ドレスガード
  • ヘルメット

足乗せスタンドは、足の巻き込みを防止させるためです。
足がブラブラな状態だと危険ですので、きちんと足を置ける(固定できる)スタンドが必須となります。

安いものだと、足乗せ部分がパイプだけのものがあるのですが、あれはちょっと不安だと思いますね。

もちろんシートベルトも必須です。もしも転倒した場合に、放り出されないようにきちんとガードさせてくださいね。

また、後輪前部に取り付ける巻き込み防止ドレスガードも装着してくださいね。

さらにヘルメットは一応安全面においては義務化されていますので、必ず着用させてくださいね。

ちなみにイメージはこういったものです。

http://www.amazon.co.jp

 

ヘッドガードはあってもなくても良いのですが、体格に合わせて判断してくださいね。

Sponsored Link

運転中に注意すべき点

http://www.photo-ac.com

 

動かないように注意

子供が動かないように言い聞かせてください。

後ろで動いたり暴れてしまうと、転倒の危険があります。
必ず乗せる前に子供に注意するようにしてくださいね。

運転中は寝かせないように

また、運転中は子供を寝かせないようにしてください。
子供が寝てしまうとそのまま転落してしまう恐れがあるので、なるべく話しかけるなどしてコミュニケーションをとりましょう。

乗せたまま離れない

子供を乗せたまま離れないようにしてください。

子供は近くにパパやママがいないと不安を感じます。親が離れてしまうと、子供が動き出して転倒する恐れがあります。

ちょっとしたことでも、絶対に子供を乗せたまま離れないようにしてくださいね。

まとめ

子供を自転車に乗せるのが初めての場合、不安がたくさんあると思います。

安全面に関しては説明した部分をきちんとクリアし、安心できるチャイルドシートを選んでくださいね。

最近のチャイルドシートは、5000円〜10000円前後で安全面を考慮した製品が多くあります。

ご自身の自転車や環境に合ったものを選んであげてくださいね♪

もちろん子供を後ろに乗せる際は、暴れないようにきちんと説明してあげてくださいね。

 - 育児・子ども, 生活

こんな記事も読まれています


PREV
蜂に刺されるのが2回目だと危険?まずは症状を確認しよう
NEXT
自転車の子供乗せ!前はいつからいつまで大丈夫?選び方を紹介♪

  関連記事

折り紙のがいこつの折り方!ハロウィンの飾り付けにどうぞ♪

折り紙で骸骨(がいこつ)を折るなんて想像がつきませんが、一応折り方はあります。 …

ベビーカーのA型とB型の違いとは?メリットとデメリットってあるの?

ベビーカーは基本的にA型やB型で機能が異なります。 初めてのお子さんの場合、ベビ …

ハロウィンのかぼちゃの簡単な折り方!折り紙で立体表現しよう!

ハロウィンの飾りに欠かせないのがかぼちゃですよね♪ かぼちゃが一番ポピュラーです …

子供の歯ぎしりの原因って何?治し方が気になるが

子供の歯ぎしりが気になっちゃう親御さんも多いはず。 子供なのに意外と音が激しかっ …

小学校への入学祝いにおすすめのプレゼント集!【男の子編】

子どもの成長というのは早いものですね。一番実感するのは本人ではなく、やはり両親じ …

紙飛行機でジェット機を折ろう!簡単に作れるし意外と飛ぶ♪

定番の紙飛行機よりは形が変わっていますが、意外と簡単に折ることができるのがジェッ …

子供の花粉症対策はメガネがいい?薬の治療は避けたいけど…

近年子供の花粉症が増えていると言われています。 花粉症の症状はくしゃみや鼻づまり …

子供の口臭の原因5選!病気の対策もご紹介します

子供と接していると「口が臭い・・」と思うときってありますよね。 子供の口臭は、ど …

折り紙のカエルの折り方♪平面なので簡単ですよ!

室内で遊ぶのには折り紙が重宝しますよね^^ 特に雨の日なんかはお外で遊ぶことがで …

子育てに必要な費用の総額は?育児に年間いくらかかるの?

これから将来的に子どもを産む人や小さなお子さんがいる人も、やはり気になってしまう …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA