イクメン男子による子育てブログ

赤ちゃんの子育てや生活に役立つ情報をお届けします

赤ちゃんの暑さ対策!夜の扇風機やクーラー適正温度など

      2016/11/01

赤ちゃんの暑さ対策
http://www.photo-ac.com


暑い夏がやってきますね〜、私たち大人にとってもあつ〜いあつ〜い夏がやってきます^^

今年もかなり気温が上昇すると予想されますのでしっかりと対策を行いたいものです。

ところで赤ちゃんの暑さ対策はお考えでしょうか?

赤ちゃんの暑さ対策って何をしたらいいの?
と思う方も多いのではないでしょうか。

ということで、今回は赤ちゃんのための暑さ対策、扇風機やクーラーの適正温度などをご紹介しますね。

Sponsored Link

赤ちゃんの暑さ対策!

赤ちゃんにとって初めての夏は私たちがしっかりと対策を行わなければいけません。

特に真夏日は何もしなくても暑いですし大量の汗をかきます。
赤ちゃんは基礎代謝も高いですのでこまめな水分補給も必要になってきますね。

外出時の暑さ対策

外出時は公園へ散歩に行ったりと、主にベビーカーで移動すると思います。

太陽の光とアスファルトから受ける地面の熱さが、我々の体温をより上昇させるわけですが、ベビーカーでの暑さ対策は何よりも日よけが大切です。

実はベビーカーは地面に近いほど、赤ちゃんが受ける熱(暑さ)は大きく変わります。なのでなるべく地面から高いシートのベビーカーを推奨します。

ベビーカーには日よけカバーが付いていると思うので、赤ちゃんに直接太陽の日が当たらないように被せてあげましょう。

また、ベビーカーのクッションを通気性のいいものにして、常に快適な状態になるようにしてください。

オススメの対策は、タオルに保冷剤などを巻いて頭や背中の後ろに仕込んでおくことです。最近ではベビーカー冷却専用シートカバーなども販売されていますので、そういったアイテムと併用して使うことで快適な環境を作ることができます。

保冷剤は赤ちゃんに直接触れないようにしっかりとタイル等で巻いて使用してください。

赤ちゃんは暑さでベビーカーでの移動だけでエネルギーを消費します。
必ず汗を拭くタイルと、いつでも水分補給できるように準備しておきましょう。

車の中の暑さ対策

真夏の自動車の車内はあり得ないぐらい暑いですよね・・。

我々にとっても、ハンドルを握れないぐらいの暑さですからね^^:

赤ちゃんの場合、真夏は自動者に乗せないことが一番でしょう。
わざわざ暑い場所へ行くのではなく、「暑い場所は避ける」というのが一番の対策ではないでしょうか。

しかしながら、赤ちゃんを乗せないといけない場面はありますよね^^;
その場合、赤ちゃんを車に乗せる対策としては、チャイルドシートの冷却スプレーや、チャイルドシートの保冷シート等を使うことを推奨します。

これを使うと、冷却効果でクールダウンにつながりますので、暑さ対策になります。

まあ、駐車場が日陰だと問題ないんですけどね^^;

Sponsored Link

室内の暑さ対策

室内では、快適に過ごすために扇風機クーラーを使うと思います。

しかし、赤ちゃんへ扇風機やクーラーは直接当てないようにしてください。

皮膚へ直接当たってしまうと、冷えの原因や体内の水分を失う原因になります。

必ず扇風機は直接当たらないように赤ちゃんに離して使いましょう。
そもそも赤ちゃんや子供のそばに扇風機を置くと指を突っ込む危険性がありますからね^^;

最近では赤ちゃん対策用の扇風機カバーも販売されているので、そういったものも有効活用するといいでしょう。

夜のクーラーはどうする?

夏に必須の冷房は適正温度を守って回しましょう。

適正温度は28℃と言われています。
暑い気もしますが、湿度を下げる等の工夫をすれば赤ちゃんにとっては暑すぎることもないでしょう。

適正温度を守ることでクーラーを付けっぱなしにして寝ても快適に過ごすことができます。温度を途中で下げたりすると「寒すぎる!」といったこともありますからね。

そして夜寝る際は、ひんやりとした寝具や冷却パッド等を利用し、快適な睡眠環境を整えてあげましょう。

特に赤ちゃんは室内で過ごす時や寝る時も汗をかきやすいので、適度に下着やパジャマを着替えさせたり、こまめに水分補給を行ってくださいね。

関連記事
赤ちゃんの脱水症状対策!ミルクは飲まないほうがいいのか?

まとめ

赤ちゃんの暑さ対策は、私たち大人がしっかりとケアしてあげなければいけません。

外出中の対策や、室内、夜寝る時の対策など、暑苦しい夏を乗り越えるためにも是非参考にしてくださいね!

夏の暑さは我々大人でも大きなストレスを感じますから、赤ちゃんもそれ以上にストレスや体力を奪われていることを忘れないでくださいね。

では、快適な夏を過ごせますように☆

 - 生活, 育児・子ども ,

こんな記事も読まれています