折り紙のチューリップの折り方!立体で簡単♪葉っぱ付きのおまけ

春の季節には綺麗なチューリップの花を見かけます。

赤や黄色、ピンクなど、美しく彩る姿はとても優雅で私たちの心も楽しくさせてくれます。

よく子供達が「咲いた〜咲いた〜チューリップの花が〜」と楽しく歌っている感じを想像してしまいますね^^

さて、「そんなチューリップの花を折り紙で作ってみよう!」ということで、
今回も写真付きで折り方をご紹介していきます。

ここで作るチューリップは平面ではなく、わりとリアルで立体的なものです。

工程通りに行えば簡単に作ることができるので、是非折り方を参考にしてくださいね♪

もちろん茎や葉っぱ付きですよ〜!

Sponsored Link

折り紙のチューリップの折り方!

立体のチューリップは、大きく分けて3つの工程があります。

  1. チューリップの花を折る
  2. 茎を折る
  3. 葉っぱを作る

この3つですね。

少し大変かもしれませんが、
手順通りに行えば意外と簡単にできてしまうので、是非チャレンジを♪
(ちなみに立体のチューリップを作るには、ハサミとのりが必要です)

それでは早速作っていきましょう!

・チューリップの花の折り方

まず最初にチューリップの花を作っていきます。

今回も写真付きでしっかりと説明させていただきますね!

最初に1枚の折り紙を用意します。
色はお好みですが、私はピンクを選びました。

半分に折り目をつけます。

もう一度半分に折ります。

一旦開いて・・

三角に折ります。

もう一度三角に折ります。

そのまま開いて潰します。

裏返して、同じように開いて潰します。

開いている方を下向きにした状態で、中心に合わせて左右を折ってください。

(ここは鶴の工程と同じですね)

ひっくり返して、反対も同じように中心に合わせて折ります。

上の三角を下へ折ります。

一旦開きます。

さらに写真のように開いて・・

開いたところを潰します。

反対側も同じように開いて潰します。

そのまま上から下へ1枚折り返します。

黒い線の位置で内側へ折り込みます。

裏側も同じように黒い線の位置で内側へ折り込みます。

4箇所の出っ張りをすべて内側へ折り込みます。

上下をひっくり返して・・

左右を内側へ折ります。(中心線までは折らない)

さらに下側を斜め上に折ります。

そのまま裏返して・・

同じように内側へ折り込みます。

下の先端をハサミで切ります。

膨らませるようにして形を整えて、チューリップの花の完成です!

最後の膨らませる工程で、しっかりと形を作ることがポイントです。

シワができないように、中を抑えながら整えてあげましょう。


チューリップの茎の折り方

では次に茎の折り方をご説明します。

といってもこれは簡単ですよ〜。

まず1枚の折り紙を準備します。
茎なので緑色系が良いでしょうね。

半分に切ります。

片方を茎として使いますが、もう片方は葉っぱに使います。

そのまま細く丸めてください。

セロハンテープorのりでとめます。

チューリップの花と接着させるために、端を半分に切ります。

チューリップの花の下から茎を通します。

茎の端にのりを付けておきましょう。

花と接着できたらひとまず完成です!

チューリップの葉っぱの作り方

では最後にチューリップの葉の作り方をご説明します。

先ほどの余った片方の折り紙を準備します。

そのまま縦に半分に折ります。

もう一度半分に折ります。

開いている方を左側にして、ハサミで葉っぱの形に切ります。

広げて半分に切ります。

葉っぱの完成です!

これをチューリップにのりでくっ付ければオッケーです!


こんな感じです♪

関連記事>>>折り紙で菜の花を折ってみよう!

まとめ

どうでしょうか?

上手く出来ましたか?

意外・・って言うとあれですが、お花の折り紙は案外リアルにできますね^^
特に立体で作るお花は見た目も綺麗だし、飾っても変ではないです♪

ただ、作る工程が多いので子供はちょっと大変かな?
パパママがしっかりと教えてあげて、一緒に作れば簡単ですけどね^^

春の季節の折り紙として、この機会に是非作ってみてください!

スポンサーリンク
スポンサーリンク