折り紙の傘の折り方!まずは簡単な平面で作ってみよう!

日本でも異常気象が続くわけか、梅雨以上に雨が続くことがありますね・・。

夕方になるとゲリラ豪雨なんかも発生しますし、晴れでも常に折りたたみ傘が必須な気がします。

子供達にとっては、「お外で遊びたい!だけど雨で外にでれない!」

そう思っているかもしれませんね・・。

当ブログの折り紙シリーズも増えていますが、雨の日は是非親子で折り紙で遊んでいただければと思いますね。

さて、今回折る折り紙は「」です。

傘の折り方は2パターンあるのですが、今回は平面の傘を折っていきたいと思います。

折り紙で作る傘の折り方♪(平面)

今回は、平面の傘なので簡単に作ることができます。

使う色紙は柄の物を使用します。

無地の色紙もアリっちゃアリなんですが、雰囲気を出すために花柄の折り紙を使います。

では早速作っていきましょう。

まず、1枚の折り紙を準備します。

三角に折り目をつけてください。

一旦開いて・・

中心線に合わせて両端から折ります。

上の三角の部分を下へ折り下げます。

上下の向きを変えて、ひっくり返します

画像のように三角を下へ折り下げます。(1〜1.5cmぐらい開ける)

赤い線を重ねるようにして中心線に向かって折ります。

この時、上の赤丸の部分を開きながら潰して三角を作ってください。(少し難しいですが)

このようになります。

反対側も同じように中心線に合わせて折り、三角を作ります。

このようになります。

上の三角を下へ折り下げます。

下へ折った三角を少し残して上へ折り上げます。


下の部分を横へ折ります。ここは傘の取っ手の部分ですね。

ひっくり返して完成です!

関連記事>>>子供も作れる!折り紙(立体バージョン)の傘の折り方!

まとめ

傘のように見えて、このまま上下をひっくり返すと船のようにも見えます・・。

まあ、傘といえば傘です!!笑

平面なので子供の毎月の予定表のカレンダーに貼ったりするのもいいでしょうね^^

6月のカレンダーに貼ると、「6月は雨の季節(梅雨)で傘がいるんだ・・」と子供の季節の学習にもなりますからね〜。

やっぱり柄の折り紙がオススメですよ〜!あ、100円ショップで買えますからね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク