折り紙のばらの折り方!簡単な立体表現はこれです!

折り紙の薔薇(バラ)の折り方を調べてみると、沢山の折り方がありました。

そこで私は調べながら考えてみたんです。

どのバラの折り方が一番簡単なんだろう・・?

リアルで本物みたいな折り方のバラはたくさんあるのですが、
これは子供には難しいんじゃね・・?」というようなものばかり・・。(笑)

まあ見た目は奇麗なんですけど、子供と一緒に作れないと意味がありませんからね〜。

そして今回、見た目が奇麗で一番簡単だと言えるバラの折り方を見つけました♪

小学生のお子様でも作ることができるので、挑戦してみてくださいね!

Sponsored Link

折り紙のバラの折り方!立体なのに簡単♪

今回も、写真付きでご説明していきますね。

分かりにくい部分もあるかと思いますがその点はご理解ください^^;

まず最初に1枚の折り紙を準備します。

四角に折り目を付けてください。

1度開いて・・

反対側も四角に折り目を付けます。

さらにもう一度開いて、次は三角に折ります。

もう一度三角に折ります。

三角の袋を開いて四角に潰してください。

この工程は折り紙のよくある工程ですね。

反対側も三角の袋を開いて四角に潰します。

開いている方を下にして、両側を中心線にあわせて折ります。

上の三角を下へ向けて折り目を付けます。

一旦写真のように開いて・・

折り目に沿って中へ折ります。

このような形になります。

裏返して、同じように上に開いて折り目で潰します。

このようになります。

下の先端を上に上げます。画像のようにしてください。

外側へ開いて横に潰します。

反対側も同じように外側へ開いて横に潰します。

後ろ側の1枚を手前に(表へ)広げます。

このようになればオッケーです。

画像のように中心へ向かって折ります。

折る順番は適当で大丈夫です。

4枚すべて折ります。

裏返して、出っ張っている部分を立ててください。

ここから、この出っ張りを利用してバラの形を作っていくのですが、

出っ張りをひねっていくことで形を作ります。

美しいバラを作るために最も重要な工程です。
上手くひねっていきます。
ピンセット等で真ん中をつまみながらひねるとやりやすいです。
周りの花びらも雰囲気が出るように整えます。


上手に整えてバラの完成です!
(少し雰囲気を出すために暗くフェードアウトしてみました)

立体的なチューリップは意外と簡単に折り紙で作れます!

最後に

バラの折り方はたくさんありますが、この方法ならお子様でも簡単に作ることができると思います。

一番のポイントは、最後の捻って形を作る工程です。
バラっぽく形を作ることができれば、見た目も奇麗ですし雰囲気は出ます。

ちなみにこのバラの折り方、立体なのに簡単に折ることができるし、
沢山作ればちょっとしたプレゼントにも最適だと思います☆

バラは、色によって花言葉や送る意味が異なるのですが、やっぱり個人的には赤が良いかな^^

まあ、ピンクとかオレンジも奇麗ですけどね〜。
白で折ってみてもカッコいいかも♪

子供でも簡単に折ることができるので、是非チャレンジしてみてくださいね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク